【外でも脱ぐ・風呂あがりは着ない】裸でうろつく子供への3つの対策

男の子

すぐに裸になる男の子に困っていませんか?

・すこし服がぬれただけなのに裸になる
・風呂あがりはなかなかパンツをはかない
・理由もないのに裸でウロウロ
 
「ダメな場所で脱いだのはさすがに困った」
あなたもこんな経験ありませんか?
 
男の子はすぐに裸になります。 
上だけならまだしも下も脱いでしまい、素っ裸になる事も多いです。
 
家の中で脱ぐことが多いですが、ハメを外した時は外で脱ぐことだってあります。
 
ママたち女性は「子供でも裸になるのは品がないからイヤ」と思っている人が多いです。
 

原因

 
裸になった時の気持ちよさを知ってしまった。
それなのに、服を脱いで素肌をさらすことに抵抗感がないから
 
裸になった時は、なんとも言えない開放感や爽快感があります。
服に押さえつけられない感じが気持ちいいんです。
 
また、服を脱いで素肌をさらすということに、男性(子供を含む)は全く抵抗感がありません。 
 
それは水泳の時など、素っ裸当然のスタイルのため、裸になる機会が日常的に結構多くあるから。
 
極端な本音を言えば、大人の男性が普段ちゃんと服を着ているのは「マナーとして着ているだけ」とも言えます。
 
「気をつかわなくていい場所や相手なら、脱ぎたいときは脱いでしまいたい」これが男の本音です。
 

このままだと

 
子供が裸になるたびにママは「品がない」とイライラし続けます。
 
外とか裸になっちゃいけない所で脱ぐことが続きます。
 
毎日風呂あがりに「早くパンツをはきなさい!」と怒鳴り続けなければなりません。
 
些細なことなのに、しょっちゅうあるから、地味にストレスがたまります。
 

でも大丈夫です

 
ちょっと工夫をしたり、ママの発想を変えたりすれば悩みはなくなります。
 
マナー違反の場所で裸になることも無くなります。
 
風呂あがりに怒鳴ることもなくなります。
 
子供の裸にいちいち目くじらを立てなくてすむようになりますよ。
 
あわせて読みたい
 
スポンサーリンク

裸でうろつく子供への対策

①マナー違反のみ注意

 

違反

 
 
裸になっていけない時や場所はありますよね。
 
例えば、
・公園の噴水で水遊びをしていた時に水着を脱ぐ
・幼稚園でお友達とふざけて裸で走りまわる
こういった時はマナー違反なので注意しましょう。
 
その際、「なんでダメなのか」これを丁寧に説明してあげましょう
 
男の子は「理由があって納得すればすぐに行動にうつす」といった特徴があります
 
ですので、
「ここはみんなが見ているから裸になっちゃだめだよ」
「〇〇ちゃんは楽しくても嫌だなと思う人もいるから裸になっちゃダメなんだよ」
こんなふうに伝えてあげましょう。
 
感情的にならず丁寧に伝えてあげれば、子供もわかってくれます。
 
逆に、お家の中など問題ない場所での裸は、大目にみてあげましょう。
 
男の子が裸になるのは本能的なところがあります。
裸になる爽快感や開放感が好きだし、抵抗がないんです。
 
なので、何回注意したって、やるときはやります
 
むしろ、お家の中くらい認めてあげましょう。
 
こういったガス抜きをしておいた方が、外で裸になって注意した時に、
(おうちで自由にさせてもらっているからここではやめておこう)
子供がこう感じ、裸になるのをやめてくれやすいです。
 
こういったメリハリある対応の方が、外で迷惑をかけることが減りますよ。
 

②服を着させたいなら「追っかけない」

 

 
風呂あがりになかなかパンツを履いてくれず走り回ることってありますよね。
 
こういった時、
「早く着なさい!風邪ひくでしょ!」とパンツをもって追いかけていませんか?
 
湯冷めする心配もあるので、気持ちはわかります。
 
ですが、これはあまり効果がありません。
 
風呂上りは爽快感や開放感で子供はテンションが上がっています。
そこにママが追いかけてくると、子供は鬼ごっこのように感じ、楽しくなってしまい、ますます裸で走り回ります。
 
騒いで追いかけるのは、むしろ逆効果なんです。
なので、あえて追いかけるのはやめましょう。
 
子供が逃げても薄いリアクションをしてください。
この方が早く服を着てくれます。
 
さらに、別の遊びを提案してみましょう。
 
・テレビをつける
・子供が好きなおもちゃをみせる
・子供が好きな曲をかける
 
こういったことでOKです。
 
こうすることで、子供の関心が変わります。
服を着る着ないなんてどうでもよくなってしまいます。
コロッと態度を変え、すんなり服を着てくれますよ。
 

③パパの裸ウロウロは禁止

 

禁止

 
 
男の人は大人になっても裸でウロウロしがち。
 
あなたの夫も家で裸でウロウロしていませんか?
 
パパが裸でいるのを子供が真似しているという面も、もちろんあります。
 
でも、それよりも問題なのは、
「裸でウロウロする夫にママがイライラしていること」
 
あなたが子供の裸に目くじらをたてるのは、これが原因かもしれません。
 
というのは、裸でウロウロする夫に嫌悪感を感じているからこそ、裸でウロウロする息子にもイライラしてしまうんです
 
ですので、ママのイライラいをなくすためには、まず夫の行動を改める必要があります。
 
そこで、まずは旦那さんと話し合ってみましょう。
 
「私は裸でウロウロされるのがイヤなんだけどなんとかならないかな」というスタンスで相談してみるのが効果的です。
 
「子供が裸でウロウロして困っている」
これも併せて相談してみましょう。
 
子供の話も併せれば、パパもきちんと対応してくれます。
 
パパの行動が改まれば、子供が裸になっても前ほどイライラしなくなりますよ。
 

まとめ

①マナー違反のみ注意(メリハリつける)
②服を着てほしい時は「あえて追っかけない」
③パパの裸ウロウロは禁止に
 
こういったことをお伝えしました。
 
男はどうしても裸になりたがる動物です。
ここは知っておきましょう。
女性であるママとは感覚が違うんです。
 
だからこそガス抜きが大事
いつでもどこでも裸になるのを注意すると子供は窮屈に感じてしまいます。
 
「ママは僕を自由にさせてくれない」
こんなふうにとらえられかねません。
 
そこで「お家であえて裸で走り回る時間を作る」
こういったガス抜きのイベントも良いでしょう。
 
このようなメリハリある対応をとった方が、子供が外で迷惑をかけることが減ります。
 
今日お伝えした工夫とあわせれば、あなたも子供の裸でイライラすることがなくなりますよ。
 
今日も子育てお疲れ様です。
タイトルとURLをコピーしました