【グズグズする子供】あっさり自分で動いてくれる魔法の声かけ3つ

幼稚園児

グズグズする子供に困っていませんか?

・なかなか手を洗おうとしない
・何度言っても片付けない
・着替えたくないとグズグズする

『「何回言ったらわかるの!」と怒鳴ってばっかりで疲れた』
あなたもこんな毎日を過ごしていませんか?

 

3歳ぐらいになると、
・手を洗う
・片付ける
・着替える
といったような事はある程度できるようになります。

 

でもやらない。
「できるのにやらない」
からこそイラっとしますよね。

「早く着替えなさい!!!」
とキレまくるママの気持ちはよーくわかります。

 

でも怒鳴りつけたところで、子供はやりません。
「結局、泣き叫んでやらず、親が代わりにやった」
こんな結果が目にみえてます。

 

だからこそ、アプローチを変える必要があります。

ちょっと言葉かけを変えるだけで、
子供はササっと動くようになります。

これでもう毎日怒鳴らずにすみますよ。

 

 

あわせて読みたい
 
 
スポンサーリンク

グズグズする子供を動かす魔法の声かけ

①クイズ形式の声かけ

子供がグズグズしだしたら、
「クイズ形式」で声をかけましょう。

例えば、

・家に帰ったのに手を洗わないなら、
「帰ってきたら何をするのでしょうか?」
ときく。

・おもちゃで遊んで片付けないなら、
「おもちゃで遊んだ後はどうするのでしょうか?」
ときく。

・着替えないなら、
「はだかんぼの時は何着るのかな?」
ときく。

こんな声かけをしましょう。

 

子供が言うことを聞かないと、
「早く片付けなさい!」
といった命令形の声かけになりがち。

でも命令形だと子供は反発します。
「わかってるけどなんかやりたくない!」
と意固地になります。

 

それに、「怒鳴る」という行為は、
ママにもストレスがかかるもの。

 

「親子ともども気持ちいいものではない」からこそ、さけた方が無難です。

 

一方、「クイズ形式」の声かけなら、子供はすんなり動いてくれます。

大人から見れば、
「あきらかに答えが決まっているようなクイズじゃん」
と思うかもしれませんが、

子供には、
「自分で答えられた!」という満足感がうまれます。

すると、
・楽しい
・自分でできた!
・ママに怒られなかった
こんな気持ちがうまれ、進んで行動してくれるようになります。

 

こういった声かけなら、
「無理矢理子供にやらせる」
といったことがなくなるので、
ママのストレスも減りますし、

何より、
子供が「自分で考えて主体的に動ける子」になっていくので、おすすめの声かけですよ。

 

②実況中継

子供がグズグズしだしたら、実況中継をはじめてください。
イメージは、「競馬中継をするアナウンサー」

 

「さあ、○○選手。今日は服を一人で着られるのでしょうか」

「おっーと!いきなりパンツをはきはじめたー。はやいぞ、はやいぞ、このペースなら新記録達成だ」

「さあ、次は上着を着だした。ゴールまでもう少しだ」

「いったー!全部着れたー!○○選手、一人で着替えられました。とても早かったです!」

こんな感じ。

 

ポイントは「子供を上手くのせること」

そのため、
・子供の動作をもらさず拾って実況する
・「おーっと!」みたいな擬音を使う
・大きい声で盛り立てる

こんな風にして、
「恥ずかしがらずにアナウンサーになりきる」
ことが大事。

 

「おもちゃのマイク」
なんかを用意して実況中継っぽさを演出してもいいでしょう。

 

はじめに子供を巻き込むまでは大変ですが、
いったん巻き込めば子供はドンドンやるので、
ビックリするくらい早く終わりますよ。

 

③「お兄ちゃん見学させて」

これは「下の子がいる場合」に効果的な声かけ。

お兄ちゃんが「服着ない!」とグズグズしだしたら、
すかさず下の子を連れてきて、
「見て!お兄ちゃん着替えられるよっ!」
と声をかけましょう。

 

ポイントは「お兄ちゃんをほめたおすこと」

「さすがお兄ちゃん!」
「一人でお着がえできてすごいねー」
「やっぱりお兄ちゃんは違うねー」

こんな風にお兄ちゃん心をくすぐりましょう。

 

下の子の前だと、
・お兄ちゃんとしてのプライド
・ライバル(下の子)に差をみせつけたい気持ち
・ママに好かれたいといった気持ち
これらがめばえ、自分からやりだします。

 

「ほんとうはグズグズしてるのに、ほめるのも変なの」
と感じるかもしれませんが、

子供には、
「ママにほめられると、そうなろうとがんばる」といった特徴があるので、
ほめたおせば、あっさりグズグズしなくなりますよ。

 

まとめ

①クイズ形式の声かけ
②実況中継
③「お兄ちゃん見学させて」

こういった事をお伝えしました。

子供がグズグズする理由の一つとして、
「ママに甘えたい」
というものがあります。

なので、「最近グズグズが多いな」と感じたら、
「子供にちゃんと甘えさせてあげられているか」を振り返ってみてください。

 

・下の子がうまれた
・幼稚園に行きだした
・ママが働きだした

こういった変化があると、どうしても「子供に甘えさせてあげる時間」が減ってしまいがち。

 

なので、子供のグズグズが多かったら、

・上の子に甘えさせてあげる時間を作る
・意識的に話を聞いてあげる
・一緒に遊んであげる時間を増やす

こんな風に子供を甘えさせてあげれば、
自然と「グズグズする」といった事が減っていきます。

 

今日お伝えした声かけとあわせて意識してみてください。
子供がグズグズしなくなるので、毎日やたらめったら怒鳴らないですみますよ。

今日も子育ておつかれさまです。

こんな記事もおすすめ

「なかなか自立しない・・」と悩む3歳児のママにおすすめです。

【ママのせいでできない】と言う3歳児が自然と自立する3つの対処法

【子供が自分でやらない】着がえさせて!と甘える場合の3つの対処法

タイトルとURLをコピーしました