【保育園行きたくない】泣き叫ぶ子供を超簡単に登園させる3つの方法

2歳児

保育園に行きたがらず泣く子供に困っていませんか?

・家で「保育園に行きたくない」と泣かれる
・保育園の入り口で「行きたくない」とごねる
・保育園での別れにはギャン泣き

「毎朝泣かれるのはホント辛い」
「泣かれて時間をくって仕事に遅刻した」
あなたもこんな経験ありませんか?

 

原因

「保育園に預けている申し訳なさもあるのでできるだけ優しく対応しています」

こんなママの声がありますが、これこそがまさしく原因といえます。

「えっ?どういうこと?」

それは、子供が親の気持ちを察しているから。
つまり、親が子供に対して、「保育園になんか入れてごめんね」と思っているから、子供は保育園を恐い場所だと認識していまうんです。
だから、保育園での別れ際、「こんな怖いところに置いて行かないで」と泣いているんです。

さらに焦ったママは、「ごめんね早く迎えに来るからね」なんて言ったりします。
これでは火に油。子供の不安をさらにあおる結果となります。

そして、こんなやりとりを毎日繰り返していると、
「保育園は怖いところ」
「保育園なんて嫌だ」
「保育園なんか行きたくない」
子供にこんなイメージが定着していきます。
その結果、毎朝泣き叫んでしまうのです。

 

このままだと

子供は毎朝保育園に行きたがらず泣き続けます。
それどころか、子供に「毎日怖いところに連れて行かれてる」という被害者意識がいて、親へ不信感をいだくようになります。

 

でも大丈夫

ちょっとした工夫をすれば簡単に子どもの気持ちは変わります。そうすれば、毎朝泣かずに保育園に行ってくれます。
これで毎朝の苦労はなくなりますよ。

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

子供が泣かずに保育園に行く方法

①保育園は楽しい場所だと教え込む

 

普段から「保育園は楽しい場所」だと教え込みましょう。

「保育園はお友達がいっぱいいて楽しい」
「保育園の給食はおいしい」
「明日も楽しい保育園だね」
こんな保育園にプラスイメージを抱かせる言葉を毎日子供にかけてください

そして、保育園では子供と笑顔で別れましょう
もし子供が泣いていたとしても、笑顔で「楽しい保育園で1日過ごしてね~」といった感じで別れましょう。

このようなことの繰り返しで、子供は「保育園は楽しいところなんだ」と認識するようになります。
そうすればおのずと毎朝の泣きはなくなります。

そのためにも、「まずはママとパパか保育園への罪悪感をなくす」これが大事です。

保育園の子が幼稚園の子と比べて親と過ごす時間が少ないのは事実です。仕事がある以上、それは仕方がないことです。もっとも、物理的な時間はどうしようもできなくても、ママパパの意識を変えるのことはできます。

「一緒にいる時間は短いけど一緒にいるときは120%の愛情を注いでいるから問題はない」
「むしろ離れていることで新鮮な気持ちで子供と接することが出来ている」
「保育園でお友達や先生に囲まれることで社会性が育っている」
「子供ために仕事を頑張っているんだから何も恥ずかしいことはない」
こんなふうに考えてみてはどうでしょうか?

実際、仕事との両立はとても大変です。特にママはすごく頑張っています。ですので、あなたは胸を張って堂々としていていいんです。その方が子供も安心して保育園へ行けますよ。

 

②行事でつる

子供は行事が大好きです。
運動会、お遊戯会、クリスマス会、節分、保育園ではこういった行事が結構ありますよね。
こういうイベントを子供はとても楽しみにしています。

なので、保育園に行きたがらない子には行事の話をしてみてください
「運動会もうすぐだね。いまは何の練習しているの?」
「今日も運動会のかけっこの練習だね。足は早くなった?」
「今日はお遊戯会の準備で絵を描くんだって」
こんな感じで行事の準備や練習の話をしましょう。

 

でも「 近いうちに行事がないんだけど?」
そんな時は、「この間の運動会楽しかったね!」といった感じで行事の思い出話をしましょう。
そうすれば、子供も楽しい気分になります。

楽しい気分は保育園をプラスイメージに押し上げます。そうすれば、子供は保育園を怖がらなくなります。その結果、泣かず保育園に行けるようになります。

 

③よく寝かす

 

子供が保育園に行きたくない理由として「寝不足による体調不良」ということが考えられます。

あなたも体調が悪くて会社に行きたくなかった経験はありませんか?

子供も同じです。
「風邪で休むほどではない。でも寝不足でコンディションが悪い」こんな時は保育園に行きたくないんです。

ですので、前日から体調を整えるのが重要です。
・夜更かしせずしっかり寝かせる
・子供の熟睡しやすいように睡眠環境を整る
・栄養が整った食事をしっかりとらせる
こういったごく普通のことを大切にしてください。
コンディションが良くなれば、自然と保育園に行きたがらない事が減っていきますよ。

 

まとめ

①保育園は楽しい所という風にイメージづくりをする
②行事の話をして気分を盛り上げる
③体調を整えて睡眠不足を解消する

こういった方法を挙げました。

ちなみに、「保育園に慣れてきて泣かなくなった」という話をよく聞きます。
これも親と子供の保育園への認識が変わったことが原因です。毎日通うことで、親も子供も無意識の内に保育園へのマイナスイメージが無くなっていったといえます。

そういった面でも、やはり①の保育園のイメージを変える方法が一番効果的です。
ですので、普段から親子で保育園へのイメージを変えていきましょう。そうすれば、楽しく登園する我が子をみることができます。
あなたの毎朝の苦労もなくなりますよ。

今日も子育ておつかれさまです。

タイトルとURLをコピーしました