【言う事聞かない4歳児】反抗ゼロ!どんな子もさっと動く3つの裏技

幼稚園児

言うことを聞かない4歳児に悩んでいませんか?

・何を言っても聞かない
・いっちょまえに言い返してくる
・イラっとするくらい反抗的な態度をとる
・絶対にあやまらない

 

「どうしてママの言う事が聞けないのっ!!」
と絶叫しちゃって、子供は大泣き。

落ち着くと自己嫌悪がおそってきて、
子供の寝顔を見て罪悪感を感じ、
ストレスのあまり酒にはしる。

あなたもこんな生活になっていませんか?

 

毎日毎日おなじことを叱り続けるのはしんどいですよね。

「ストレスで気が狂いそうになる」
こんなママの気持ちはよーくわかります。

 

でも、この問題でストレスをため続けると、
・「うちの子じゃありません!」といった暴言をはいちゃう
・つい手がでてしまう
・ママ自身が「うつ」になる
こんな事になりかねません。

親子関係が崩れ、
「思春期に不登校や家庭内暴力」
となることだってあります。

 

でも大丈夫。
ちょっとしたアイデアで4歳児は動きます。
「今まで何だったの?」ってくらいあっさり言う事を聞いてくれるんです。

「いい加減にしなさい!」なんて怒鳴りつけることもなくなりますよ。

 

 

あわせて読みたい
 
 
スポンサーリンク

「天使の4歳児」なんていない

「天使の4歳児」なんて言葉があります。

年中さんにもなると、
・幼稚園に慣れ、しつけられてくる
・言葉が発達し、親との意思疎通がとりやすくなる
こういった事から、「天使」だと言われます。

 

でも現実は、
「はぁぁぁっ!どこが天使やねん!!!」
といった状況だと思います。

 

それもそのはず、
「4歳児は自分の気持ちを言葉や態度で表現できるようになる」
こんな特徴があります。

成長的には喜ばしい事ではありますが、
親からすると「すごく反抗的」に見えます。

 

ただ泣き叫んでた「魔の2歳児」とは違い、
「悪い言葉」や「イラっとする態度」もでてくるからこそ、
ママがすごくストレスを感じます。

人によっては、
「ただ泣き叫んでた2歳の方が楽だった」
と感じる場合だってあります。

 

なので、「天使の4歳児」なんて言葉に振り回されて、
「それなのに、なんで私は対処できないんだろ・・」
と落ち込む必要はないですよ!

常に「笑顔で優しく」はムリ

『「服を着替えよっか?」と優しく声をかけましょう』
育児書なんかにこう書かれてますよね。

でも実際問題、家事育児が忙しすぎて、
「常に優しく」なんてムリですよね。

 

そりゃあ最初は、
「服を着よっか?」と優しく声をかけますよ。

でも子供は言う事を聞かない。

そうすると、
「服、着ようよー」
「ねえ、服着ないの?」
「ほら、早く服着なってば」
「服着ろって言ってるでしょ!」
「いい加減にしなさいっ!!!」
こんな感じでエスカレートしちゃいますよね。

 

でもこんな事は普通です。みんなそうです。

まずはこの事を知っておきましょう。
そうすれば、「私ってダメな母親・・」と落ち込まずにすみますよ。

言う事聞かない4歳児を動かす裏技

①逆さ言葉クイズ

逆さ言葉というのは、
「トイレ」のことを「レ・イ・ト」と言うこと。

これをクイズにからめてみましょう

 

例えば、お風呂に入って欲しいなら、

「はい、問題!ロ・フ・オはいってー。わかるかな?」
「えっ?なになに?」
「ロ・フ・オだよ。わかる?逆さから言うとわかるよ」
「わかった!お風呂だ!」
「正解!よくわかったねー。じゃあお風呂へGO」

こんな感じ。

 

このやり方なら、
・クイズなので子供がのってきやすい
・命令形じゃないので反発してこない
・答えを考えることで今やってることから気持ちが切り替わる
こんな特徴があります。

 

ママも楽しくやり取りできるし、子供との遊びにもなるので、おすすめですよ。

 

②反対のことを言う

子供は「あまのじゃく」
「やって」と言われるから「やらない」
こんな特徴があります。

 

そこで、
「あえて反対の事を言う」
これをしてみましょう。

イメージは、
ダチョウ倶楽部の「おすなよ。おすなよ。絶対におすなよ」です。

 

子供にご飯を食べさせたいなら、
「ちゃんと食べなさい!」ではなく、
「全部食べないでね。ママの分も残しといてね」と言う。

そうすると、「全部たべちゃったー」といたずらな顔でご飯を全部食べてくれますよ。

 

③絵カードで指示する

4歳児は「わかっているようでわかってない」
こんな特徴があります。

 

色んな事がわかってきたように見えて実はわかってないんです。

・パパパッと速い言葉で指示する
・一度に2つ以上の複雑な指示をする
・遠くから小さな声で指示する

こんな場合、ママの指示がわかってなかったりします。

 

また、「聴覚優位」「視覚優位」といった言葉があるように、
子供によっては、「聞く」より「見る」方が理解しやすい場合もあります。

 

そこで、毎日やるべきことを「絵カード」にしてしまいましょう。

 

例えば、朝なら、
①顔を洗う
②着替える
③朝ご飯を食べる
④幼稚園の準備をする
⑤幼稚園に行く
こういった事を絵でカードに描いてください。

 

ポイントは、
・子供にわかりやすい絵を描く
・時系列にそって貼る
・貼る場所はリビングの壁など目につく所

 

子供に、
「ほら、最初の絵は顔を洗うだよ」と促し、
できたらオーバーな位ほめる。

この繰り返しで子供はスムーズに動いてくれますよ。

まとめ

①逆さ言葉クイズ
②反対のことを言う
③絵カードで指示する

こういった事をお伝えしました。

 

「ママへの甘えが足りてない」
これが理由で言う事を聞かない場合もあります。
とくに、下の子がいるケース。

 

4歳くらいだと自分で出来ることが増えるので、
つい「自分でやってね」といったことになりがち。

でも4歳の子も「ママに甘えたい」という気持ちをもってます。

そのため、
「わざと言う事を聞かず、服を着替えないで、ママが手伝ってくれるのを待ってる」
こんな行動にでたりもします。

 

なので、
「最近、子供を甘えさせてあげられてないな」
と感じたら、

・上の子とママだけの時間を作る
・一緒に遊ぶ時間を増やす
・じっくり話を聞いてあげる
こういった事をしましょう。

 

そうやって心が満たされると、すんなり言う事を聞いてくれるようになりますよ。

 

今日お伝えした方法とあわせて取り組んでみてください。
子供があっさり言う事を聞いてくれるようになり、
「毎日怒鳴る生活」とサヨナラできますよ。

 

こんな記事もおすすめ

4歳児のママに読んでもらいたい記事です。

【鼻かめない4歳】あっけないくらい簡単にかめるようになる3つの方法

【4歳に習い事は必要?】周りに踊らされないための3つの鉄則

【4歳のスマホ依存】このままじゃ廃人!中毒からぬけだす3つの方法

タイトルとURLをコピーしました