【イヤイヤ期の大泣き】どんな子でも簡単に防げる3つのポイント

2歳児

イヤイヤ期の大泣きに困っていませんか?

・子供に靴を履かせようとしたら大泣き
・自転車に乗せようとしただけで大泣き
・ご飯を食べさせようとしただけで大泣き
・スーパーでおかしが欲しいと大騒ぎ
・出来もしないのに「自分でやる!」と言って聞かない。
 結果、やっぱりできずに大泣き
 
「0歳は体力的にきつかった。2歳は精神的にきつい」
ママたちのこんな苦労はよく聞きます。 
 

原因

「できない」「やってもらいない」
こんな不満を親にぶつけています。
 
2歳ぐらいになると、体や言葉がある程度自由になります。
そんなできる喜びとともに、
「できない」「やってもらえない」という不満も表れます。
その不満を、激しい感情で一番身近な親にぶつけてきます。
これが「だだをこねる」や「癇癪をおこす」の正体。
 
始めは「だだ」をこねる事からスタート。
だだをこねてやりたいことを要求します。
次第に要求が通らなくなると、怒りがエスカレート。
「癇癪」をおこします。
 
さらに、怒っているうちにわけがわからない状態になります。
これが「混乱」状態。
大泣き・大騒ぎをします。
 
「だだ」→「かんしゃく」→「混乱」
といった順番で炎上していきます。 
 
 
このままだと
 
子供にもよりますが、イヤイヤ期は3歳半ぐらいまで続く場合もあります。
毎日大泣き・大騒ぎでママも疲れてしまいます。
イライラ続きで育児を楽しむどころじゃなくなってしまいます。
 
 

でも大丈夫

 イヤイヤ期を上手く乗り切るコツはあります。
 
ポイントは「いかに大泣きさせないか」
つまり、いかに「混乱」状態までいかせないかということ。
 
「だだ」「かんしゃく」でとまれば長時間の大泣き・大騒ぎにはなりません。
これができれば、ママの精神的負担もだいぶ減りますよ。
 
あわせて読みたい
 
スポンサーリンク

イヤイヤ期の大泣きを防ぐポイント

①子供の感情を受け止める

 
まずは、子供の感情を受け止めましょう。
そして、落ち着くのを待ちましょう。
 
なぜなら、感情の高ぶりが治まらないことには、何を言っても聞き入れてもらえないから。
 

「そんなことしてるうちに大泣きしない?」

大丈夫。
 
慌てず子供の気持ちを受けてめてあげた方が炎上しません。
「急がば回れ」なんです。
 
ですので、子供がだだをこね始めたら、
「そうだね。やりたいよね」といった感じで
「ママはわかっているよ」というサインを送ってあげてください。
具体的には
「子供を抱っこして背中をトントンと優しく叩く」
「子供の背中をさすりながら落ち着くまで見守る」
そして、
「そうか。〇〇できなかったんだね」
「△△が欲しかったんだね」など、
その時の子供の感情を言葉にしてあげる。
こうすることで
「ママはちゃんとわかっているよ」という共感のメッセージが伝わります。
すると、子供も「わかってくれてるんだ」と落ち着きます。
その結果、「混乱」とはならず、大泣きはおこりません。
  

②ダメな理由は「短く・わかりやすく」

 
①でお伝えしたように、まずは子供の思いに寄り添ってあげましょう。
もっとも、危ないことをした場合など、子供の気持ちを汲みりにくい場合もあると思います。
 
そんな時は「なぜいけないのか」「なぜできないのか」を子供が納得できるように説明しましょう。
 
例えば、子供が「高い塀に登って歩きたい」と言った場合。
  
「登りたいんだね。でもね、危ないからダメなんだよ。落ちたらイタイイタイするんだよ」
このように、短く簡単な言葉で理由を伝えましょう
 
たとえ子供が全部を理解しなくても、
「ママは自分の気持ちをわかろうとしてくれている。
 でも今はだめなんだな」

こういったメッセージは伝わります。
 
「泣き止むまで放置する」
「無理やり引っ張って別の場所に連れて行って怒鳴る」
こういう事をするのよりも格段に効果的。
 
子供はママのメッセージを受け止め、大泣きすることはありません。 
 

③日頃からの愛情をアップ

 
「だだをこねることが多く、なかなか言うことを聞かない」
こういった場合は、ママの愛情がうまく子供に伝わっていないことが考えられます。
 
子供も叱られるのは耳が痛いんです。
それでも、大好きなママが言う事だから聞く耳をもちます。
そんな大好きなママになるために、普段から愛情をかける必要があります。
つまり、愛情がないとしつけはできないんです。
 
もし、愛情が不足かもと感じるようなら、
「〇〇ちゃん大好き」
「〇〇ちゃんがいてくれて嬉しい」
「〇〇ちゃん産まれてきてくれてありがとう」
などと日頃から声をかけてください。
抱っこやスキンシップも増やしてみましょう。
 
「こんなの他人に見られたらひかれるな」
この位がちょうどよいです。
逆に言うと、このくらいしないと愛情は伝わりません。
 
このようにふるまうことで、
「ママってこんなに僕のことが好きなんだ」
と子供は感じだします。
そうすると、子供はママの気持ちに敏感になっていきます。
そして、叱られた時
「大好きなママが困っているからやめよ」となります。
 
こうして、しつけのメッセージが伝わるようになります。
その結果、だだをこねたとしても、大泣きまではしないようになります。 
 

まとめ

①子供の感情を受けとめ落ち着くのを待つ
②「短く・わかりやすく」ダメな理由を説明をする
③日頃からの愛情を増やす
 
こういった工夫をお伝えしました。
 
ここにあげた工夫はとても効果的なものです。
もっとも、「どんな子供もすぐに機嫌が良くなる」というものではありません。
 
残念ながら、イヤイヤ期をなくす方法はないです。
イヤイヤ期は発達のために必要なプロセス。
ある意味、必要悪。
上手く付き合うしかないんです。
 
ですので、あの手この手で我が子に合うなだめ方を探す。
大泣きさせずソフトランディングさせる。
こういった方法しかないんです。
「こんなもんだと笑って乗り切る」しかないかもしれません。 
 
もっとも、今日お伝えした工夫をすれば、
「混乱の大泣き」は避けることはできます。
そうすれば、ママの気持ちもいくぶん楽になります。
心の余裕が出て、育児が楽しめるようになりますよ。
 
今日も子育てお疲れ様です。
タイトルとURLをコピーしました