【片付けない子供にイライラ】どんな子でも片付けられる3つの方法

問題行動

片付けない子供にイライラしていませんか?

・子供がおもちゃを次から次へと出す
・部屋が泥棒に入られたみたいに汚い
・こんな部屋にいるだけで気分が落ち込む

「片付けたばかりなのに散らかされてイライラした」
あなたもこんな経験ありませんか?

 

原因

・子供が片付け方をわかっていない
・子供が片付けることに意味を見出してない

こういったことが考えられます。

「片付けに意味なんてない。当然のマナーでしょ」
はい。その通りです。

でも、大人には当たり前でも子供にはまだそのマナーが身についていないんです。だからこそ、片付けざるを得ない状況を作り出す必要があります。

また、「子供が片付け方がわからない」という点については、子供でも片付けられるルールを作ることが不可欠です。

 

このままだと

子供は一向に片付けません。散らかし放題で、部屋は汚いままです。
当然のことながら、子供に片付ける習慣も身に付きません。このまま大きくなって、片付けられない大人の誕生です。
 

でも大丈夫

ちょっとした工夫で子供は片付けられるようになります。そうすれば、もう部屋がめちゃくちゃにはなりません。
ママのストレスも減り、もっと子供に優しく接することができるようになりますよ。

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

片付けない子供にイライラしなくなる方法

①片付ける場所は固定

これは俺は大人にも言えることですが、家が散らかっている人に共通する特徴は、「物の置き場所が決まっていない」ということ。
こういう人は、「使っては違うところに置く」の繰り返しをしています。この繰り返しで部屋がどんどん荒れていってしまっています。

ですので、
物の置き場所を決めておく
・使ったら決められた場所に戻す
これが部屋をきれいに保つ鉄則で子供も同じです。

置き場所が決まっていないからこそ、子供も片付けられないんです。ですので、まずは物の置き場所を決めてあげましょう
・車のおもちゃはこの箱
・ぬいぐるみはこの引き出し
・この棚の中にはプラレール
こういった感じでOKです。

 

もっとも、まだ小さい子には、「ここにこれを片付けてね」と言っても伝わらない場合があります。

そんな時は、「 写真をおもちゃの箱にはる」これが効果的です。

例えば、
・プラレールを入れる箱なら プラレールの写真を貼る
・ブロックを入れる箱ならブロックの写真を貼る
こんな感じです。

これは保育園や幼稚園でもよく使われる方法です。
小さい子は耳より目の方が情報を処理しやすいです。そのため、「写真の場所におもちゃを片付ける」というルールはとてもやりやすいんです。

 

ちなみに、トイラックという家具も有効です。これは、おもちゃ箱が見やすく収納できる家具で、ネット通販なら1万円もしない値段で買えます。
気になる人は「トイラック」「おもちゃラック」で検索してみてください。

 

②「片付けないなら捨てちゃうよ」と注意

 

子供に何度注意をしても片付けないようなら、
「片付けないなら捨てちゃうよ」と言いましょう。
そして、言う事を聞かなかったら、おもちゃを捨ててしまいましょう
(ほんとに捨てなくても隠しておくだけでもOKです)

これは人間心理を使ったテクニック。
 
人には「それをしなかったときに起こる最悪の事態を提示されると素直に動く」こういった習性があります。

子供も、「大事なおもちゃが捨てられる位なら片付けよう」と思い行動するのです。

大切な点は、「言ったからには本当に捨てる(隠す)」ということ。
これをきっちりやらないと、
「そんなこと言ってもどうせ捨てないんでしょ」といった感じで子供になめられます。
こうなってしまうと、いくら「片付けないと捨てちゃうよ」と言っても、効果がなくなってしまいます。

だからこそ、 「言ったからには絶対に捨てる(隠す)」これを徹底してください。

逆に、これをしっかりやっていれば、「片付けないと捨てるよ!」の威力は倍増します。

一度捨てられた経験がある子は、その経験から、捨てられないように必死にがんばるようになります。
こうなればしめたものです。
 「片付けないなら捨てるよ」と言った瞬間に、子供は片付けだしますよ。

 

③歌いながらお片付け競争

 

「おかたづけ♪お片付け♪」
こんな感じで歌いながら片づけを促してみましょう

これは1歳児などの小さい子に効果的です。
ママが楽しい感じで片付けていると真似して片付けます。

ポイントは、 「オーバーなくらい楽しそうにやること」
こうすることで子供は自然と引き込まれます。

 

また、速いテンポの口調で競い合うように片付けるのも効果的です。
イメージは、運動会の玉入れのような感じです。

子供を上手くのせれば、競争心をあおられて競って片付けるようになります。
そして、最後には子供を勝たせてあげましょう。
楽しくなってまた次もお片付けをしてくれます。

そして、この「遊んでるようなお片付け」を毎日続けることで、片づけが習慣化していきます。
そうすれば、ママがちょっと促すだけで片づけをするようになり、とても楽になりますよ。

 

まとめ

①写真を使っておもちゃの置き場所を決めておく
②「片付けないなら捨てるよ」と本当に捨てる(隠す)
③歌でお片付け競争

こういった方法を挙げてみました。

この3つに共通することは、「子供自らが片付けること
(②は心理的強制が入ってはいますが実際に片付ける行為自体は子供自らがやっています)

部屋がぐちゃぐちゃだと、ついつい親がやってしまいがちですよね。だってその方が早いから。
ですが、これをやっていると、いつまでたっても子供の片付け能力は伸びません。
ですので、「子供が自分で片付けること」これが大切になります。

親としては、つい手を出してしまいがちですが、そこはグッとこらえてください。そして、子供自身が片付けらるように上手く誘導してあげてください。
これを続けていけば、何も言わなくても子供は片付けるようになります。

もうぐちゃぐちゃな部屋に悩まされることも無くなります。
片付けない子供にストレスを感じることも無くなりますよ。

今日も子育ておつかれさまです。

タイトルとURLをコピーしました