【兄弟でおもちゃの取り合い】簡単にあっさり終わらせる3つの対処法

兄弟

兄弟でおもちゃの取り合いをすることに困っていませんか?

上の子が下の子のおもちゃをとる
→兄弟喧嘩が発生する
→子供が泣く
→ママが怒る
→ママのストレスがたまる

あなたの家でもこんな事ありませんか?

兄弟がいる家ではどこにでもある話ですよね。
特に、男兄弟なんかは喧嘩が激しく大変ですよね。

 

物を取り合う原因

「相手の使っているものがよく見えた」
というのが多いです。

これは大人でもよくあること。
「他の人が使っているのを見て、自分もつい買ってしまった。でも、実際に買ってみたら、たいしたことなかった・・・」
あなたもこんな経験ありませんか?

子供も同じです。人が遊んでいるものがよく見えるんです。

特に、下の子は上の子への憧れがあります。それもあって、 上の子のおもちゃが輝いて見えます。
なので、お兄ちゃんに叩かれるのがわかっていても、つい手がでてしまうんです。

 

このままだと

毎日喧嘩が絶えません。ママも毎日怒り続けることになります。あなたのストレスもたまり続けますし、喧嘩続きで兄弟仲も悪くなっていきます。

でも大丈夫

物の取り合いを防ぐ方法はあります。少し工夫をするだけで、物の取り合いはおさまります。兄弟仲よく過ごせるようになります。そうすれば、ママのイライラも無くなります。毎日もっと穏やかに過ごせるようになりますよ。

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

兄弟でおもちゃの取り合いをする事への対処法

①もっと良さげな物をチラつかす

 

人間、他人の物はよく見えます。この習性を利用します。
それは、「もっと良さげなものを子供に見せること
すると、子供はそちらになびき、けんかが終わります。

ポイントは、「子供が好きそうな良さげな物でOK」ということ。本当に魅力的な物でなくてもいいんです。子供が「いいな~」と思えばOKです。

喧嘩が始まりそうになったら、
「じゃあママはこっちを使おうっと」
とものすごく楽しそうに言って下さい。
そして、 良さげな物を子供にチラつかせてください。すると、子供はそちらに興味がいき、その良さげな物に食いついてきます。
その結果、 物を奪っていた上の子まで食いついきて、
「じゃあこのおもちゃ貸してあげるからそっち貸して」
なんていう展開になったりもします。

こうなれば、とりあえず欲しい対象が2つとなり、それぞれに物がいきわたります。その結果、けんかもおさまります。

 

②「喧嘩するなら捨てるよ」と言う

 

 

人は、危機感があると行動する動物。
正確には「危機感がないと動かない動物」です。
子供も当然同じ。
「 捨てられる」と思えば行動します。
「このまま喧嘩していたらまずい」と思って喧嘩をやめます。

ここで 大事なことは、「言ったからには本当に捨てる(隠す)」ということ。これをちゃんとしないと、 子供はなめます。「そんなこと言ってどうせ捨てないんでしょ」と。こうなってしまうと、このセリフの効果が無くなります
使えなくなってしまうんです。
ですので、言ったからには必ず捨ててください。子供がわからないところに隠すのでもOKです。

逆に、しっかりと捨てていれば効果は倍増します。なぜなら、捨てられた経験がある子供はその経験から必死になって捨てられるのを避けようとするから。こうなればしめたものです。
ママ:「喧嘩するなら捨てるよ」
子供:「はい。やめます。すみませんです」
こんな感じですぐに喧嘩をやめてくれますよ。

 

③「貸して」の10秒ルール

 

「貸してー」と子供が言えたら、10秒数えます。そして、 10秒たったら無理やりにでも貸してと言った子におもちゃを渡します。おもちゃを渡した子がまた「貸して」と言えたら、10秒数えます。そして、 10秒たったらまたおもちゃを取ってわたします。これを繰り返します。
そうすると不思議と子供は喧嘩をやめます。
やりとりが面倒くさくなったことや、絶対に自分の順番が回ってくることに気づくからでしょう。

ここで大切なことは、おもちゃを渡した子(取られた子)を しっかりと褒めてあげること。これをすることで、その子の心は満たされます。そして、また次からスムーズに貸すことができるようになります。

ちなみに、そもそも「貸して」があまり言えない子にとっては、この一連のやりとりがとても良い訓練になります。
家でこういったやり取りを経験することで、 幼稚園や保育園でのお友達とのトラブルを防ぐことができます。

 

まとめ

①良さげなものをちらつかす
②「けんかするなら捨てるよ」と言って捨てる(隠す)
③「貸して」と言ったら10秒数えて貸してしまうルール

こんな工夫を挙げてみました。

兄弟喧嘩はイライラするし大変ですよね。でも、兄弟げんかも社会経験の一つ。工夫してママのストレスがない形にできれば、むしろ良い社会経験となります。兄弟がいることのメリットとなり、優しくたくましい子が育ちます。
ですので、工夫しながらがんばってみてください。

今日も子育ておつかれさまです。

タイトルとURLをコピーしました