【まだ小さいのに俺】と言う男の子に悩まされない3つのポイント

男の子

自分のことを「俺」と言う男の子に困っていませんか?

 
・友達同士でも「オレがやる」
・ママにも「オレの取って」
・幼稚園の先生にも「オレにもちょうだい」
 
「教えてもないのにある日突然「俺」と言い出した」
あなたもこんな経験はありませんか?
 
・幼稚園の年長の半分ぐらい
・小学校の低学年で三分の二以上
これくらいの男の子が自分のこと「俺」と言います。
 
「まだこんな小さいのに俺なんて・・・」
と抵抗感があるママは多いです。
 

原因

 
自分を男だと認識し始めたから。
  
子供は早くて3から4歳頃から、
「自分は女じゃなくて男なんだ」
と認識し始めます。
 
男と女の違いが分かりはじめます。
男っぽいものに憧れるようになります。
 
例えば、
・剣を振り回す
・むやみやたらにパンチやキック
・ヒーローものが好きになる
 
こんな風に男っぽい行動が現れ始めます。
 
自分の事を「俺」というのもその表れ。
 
年上のお兄ちゃんやお父さんが言っているのを見て、
「俺って男っぽくてかっこいいな」
こんな風に憧れ、真似し始めます。
 

このままだと

 
どこでも誰にでも自分のことを「オレ」と言うでしょう。
 
・幼稚園の先生の前でも「オレ」
・学校の先生にも「オレ」
・みんなの前で発表する時も「オレ」
・祖父母にも「オレ」
 
これではママの肩身も狭くなります。
ママも周りを気にして神経をすり減らすでしょう。
 

でも大丈夫

 
「オレ」を使いまくる我が子とうまく付き合う方法はあります。
 
・子供の成長を阻害せず
かつ
・世間体も保てる
 
こんな方法があるんです。
 
ちょっと工夫をすればママも気にしなすぎなくなります。
 
そうすれば、子供が「オレオレ」言っても気になりません。
 
穏やかな気持ちで育児ができるようになりますよ。
 
あわせて読みたい
 
スポンサーリンク

「俺」と言う男の子への対処法 

①あえて止めない

 

 
「オレなんて言わないの!」
「もっと大きくなってから言いなさい!」
あなたもこんなふうに注意をしていませんか?
 
その気持ちはわかります。
 
ですが、注意をするのはやめましょう
 
理由は、いくら注意しても無駄だから
 
「俺」と言うのは心から自然と出てくる言葉。
男の本能から無意識で出てくる言葉なんです。
 
なので、無理やり直そうとしても無意味。
 
むしろ「やりたいことができなかった」
という心のわだかまりが残るだけ。
 
悪影響しかないんです。
 
しかも、この悪影響が結構深刻。
小さい子に何かを強制する事はとてもリスクがあるんです。
 
例えば、「左利き」
一昔前までは右に直すように矯正していました。
しかし、今はあまりやりません。
 
それは、子供の心に深刻な影響が残るから。
 
「左で持ちたいのに右で持たされた」
子供の心にはこういうわだかまりが残ります。
 
「自由にさせてもらえなかった」
このわだかまりが、言葉のどもり(喋る時に上手く話せないトラブル)につながる例もあります。
 
「俺」と言わせないのもこれと同じリスクがあります。
なので、「俺」を禁止するのは控えましょう。
 

②「場面による使い分け」を教える

 

 
子供同士で「俺」と言っている分には何も問題ありません。
 
問題となるのは不適切な場面で「俺」と言うこと
 
・学校の先生に「俺さあ」とタメ口
・初対面の人にも「俺は」としゃべる
・みんなの前で発表する時も「俺は」と話す
こういうのが問題です。
 
なので、
・先生の前では「僕」
・初めて会った人には「俺」と言わない
・みんなの前で発表する時も「僕」
 
こういった使い分けを教えましょう
 
ダメな場面で「俺」と言っていたら、その場で注意しましょう。
 
子供の記憶はまだまだ未熟。
なので「現場で」「すぐに」注意しないと効果がありません
 
また注意の仕方も「冷静になぜダメなのかを伝える」
これが良いです。
 
なぜなら、男の子は理由があって納得すると反省する動物だから。
 
ですので、感情的に叱るのではなく、
「なぜここでは「俺」と言ってはいけないのか」
これを丁寧に説明してあげてください。
 
そうすれば、変なところで「俺」と言わなくなります。
 
・普段は「俺」「俺」言わせておいてOK
・でも、ダメな場面は絶対にダメ
 
このようなメリハリをつけましょう。
 
これであれば、子供は普段自由にさせてもらっています。
ですので、心を強制する事によるトラブルもおきません。
安心して子供をしつけてOKです。
 

③元気な男子に育っている事を喜ぶ

 
 
これはママのスタンスを180度転換する提案
 
「俺」と言う息子を見たら、おおいに喜んでください
 
なぜなら、男の子の発達過程として正しい道筋をたどっているから。
 
世の中には色々の方がいます。
知的障害の人、発達障害の人、性同一性障害の人
様々な事情を抱えた人がいます。
 
確かに、幼児が「俺」と言うのはママには違和感があります。
ですが、この事は生きていく上で何か問題があるという話ではありません。
 
治らない難病になったわけでもない。
障害をおったわけでもない。
 
むしろ男の子として健全な発達。
 
なので、喜ぶべきことなんです。
悩む必要なんてないんです。
 
「男の子はこういうもんだ。うまく成長している。よしよし」
これでいいんです。
 

まとめ

 
①あえて「俺」と言うのをとめない
②「場面による使い分け」は徹底的に教える
③元気な男の子に育っている事を喜ぶ
 
こういった工夫をお伝えしました。
 
男の子の中には「俺」と言わず「僕」と言う子もいます。
でもこれは、お母さんに注意されたからではありません。
 
この子の中で自分には「僕」がしっくりくると思っているから、「僕」を使っています。
 
なので、こういう子に「俺って言ってもいいんだよ」
と言っても「俺」とは言いません。
大人になるまでずっと言わない可能性もあります。
 
このように、「俺」「僕」というのは心から出てくる本能的な言葉。
直して矯正するものではないんです。
 
むしろ女であるママが男を理解すべき問題なのかもしれません。
 
ですので、今日お伝えした三つの工夫をぜひ取り入れてみてください。
 
・「俺」と言うのをやめさせず
・場面による使い分けだけを教えて
・男子として健全に発達していると喜ぶ
 
このスタンスでいればママも悩んだりはしません。
 
ウジウジせずもっと他の事にエネルギーが使えます。
 
そうすれば、育児をもっと穏やかに楽しめますよ。
 
今日も子育てお疲れ様です。
タイトルとURLをコピーしました