【離乳食を食べない】あきらめないでっ!試してほしい7つの工夫

乳児
chameleon62foto / Pixabay

離乳食を食べない時に「どうしよう」と困っていませんか?

・何を作っても食べてくれない
・すごく研究したのに全く食べなかった
・母乳しかうけつけない

「もうすぐ復職するので何とかしたい!」
仕事が近いとあせりますよね。

 

離乳食にはかなり個人差があります。

「結局、離乳食は一切食べなかった」
「2歳になったら急に食べだした」
こんな「育児書通りじゃない話」だってよくあります。

でもだからって、
職場復帰が迫ってるのに、
「じゃあ気長に待ってみるかあ」
とはなりませんよね。

「できるかぎりのことはやりたい!」
となるのが普通だと思います。

 

今日はそんなあなたのために、
7つの工夫をお伝えします。

7つと聞くと「多い」と感じるかもしれませんが、
子供によって個人差が大きいテーマだからこそ、
「どれかあたればOK」
といったスタンスで提案します。

うまくはまれば、
「あの苦労は何だったんだろ?」というくらい、
あっけなく離乳食問題が解決しますよっ!

あわせて読みたい
 
 
スポンサーリンク

離乳食を食べない時の工夫

①離乳食ビュッフェを開催

月齢がおなじくらいのママ友を集めて、
「離乳食ビュッフェ」をやりましょう。

「離乳食を1,2品作って持ち寄るランチ会」です。

 

これだと、
・楽しいムードにつられて食べはじめる
・他のママの作った物だと新鮮で食べる
・あれだけ嫌いだったニンジンを食べた
こんなことが起こります。

 

そして、
子供が食べたメニューがあったら、
そのレシピをママ友に聞く。

「こんな作り方があるんだ!」
「これなら野菜も食べられるんだ!」
「こんな楽な作り方があるんだ!」
こういった発見があり、離乳食の幅が広がること間違いなし。

マンネリ対策にもなるのでおすすめですよ。

 

②思い切って卒乳

子供はおっぱい大好き。
だからこそ、「離乳食が進まない」といった面があります。
「完全母乳で離乳食が遅くなるケース」も多いです

 

また、離乳食を食べない原因の一つとして、
「お腹がへってない」
というのがあります。

 

とくに母乳だと、
「子供がどれくらい飲んだか?」がわかりにくいですよね。

そのため、
「実は結構飲んじゃってて離乳食を食べない
なんてこともあります。

 

そこで、この際思い切って、
「卒乳してしまう」
という方法もあります。

職場復帰を控えたママなら、
いつかはやらなきゃいけない問題だからこそ、
「離乳食をきっかけにする」というのも全然アリ。

 

「離乳食問題」と「卒乳問題」がかぶるので、
負担は大きいですが、
職場復帰後にもちこすストレスを考えると、
今やってしまうほうがいいですよ。

 

【卒乳の方法】どんな子でも手軽で簡単に卒乳できちゃう5つの方法

 

③甘いものでせめる

「甘いものはちょっと・・・」
こう感じるママもいるかもしれません。

子供のことを考えると、ちゅうちょする気持ちもわかります。

 

ならたとえば、
「いも」「かぼちゃ」のペーストなんかはどうでしょうか?

野菜なので、ビタミン等栄養素は豊富ですし、
ジュースなどと違って自然由来です。

 

赤ちゃんには、
「甘いものを最初においしく感じる」といった特徴があります。

なので、甘いものを入り口にして、離乳食自体に慣れさせる。
そして、徐々に食べるものを増やしていく。
こんなアプローチもアリですよ。

 

④ベビーフードをまぜる

「苦労して作った離乳食は一切食べなかったのに、和光堂のレトルトは完食した」

ママ泣かせのよくある話です。

 

レトルトのベビーフードは、良くも悪くも、赤ちゃんが食べやすいように作られています。

味覚のプロや栄養士がチームとなって商品化しているので、当然と言えば当然です。

 

こんなレトルトの「口当たりの良さ」をうまく使う方法として、「手作りとレトルトを混ぜちゃう」といったものがあります。

 

最初は、「ほぼレトルトに野菜の具を足す(大人の「チョイ足し」のイメージ)」

それを食べたら、「徐々にレトルト比率を下げていく

最終的には、「ほぼママの手作り離乳食

 

こんな感じで進めていけば、自然に離乳食を食べるようになりますよ。

 

⑤固さ・温度・大きさをかえる

離乳食を食べてる子は、
まだ言葉で表現するのが難しい月齢

そのため、
「ママこれ固すぎるよ!」
「ママそれ熱いよ!」
「ママこれ大きいよ!」

こんな事を言いたいのに言えてない可能性があります。

言えないからこそ、「イヤがる」といった表現をしてるのかもしれません。

 

そこで、
「固さ・温度・大きさ」をかえてみましょう。

・いつもより柔らかくゆでてみる
・いつもよりも冷ましてからだす
・一口の大きさを変えてみる

こういったことを試しみましょう。

 

そして、子供の反応をじっくり観察し、
少しでも良さそうなものがあったら、
「その感じで食べさせ続ける」

そうやって離乳食に慣れさせていけば、
少しずつ食べるようになっていきますよ。

 

⑥スプーンをかえる(歯固め・スピード)

「スプーンがイヤだから食べない」
こんな子もいます。

そこで、
「素材が違うスプーンにしてみる」
こんな事も試す価値アリです。

 

また、
「口に入ってくる感じがイヤで食べない」
こんな子もいます。

こんな子には、
歯固めで口の中に物を入れることに慣れさせる
これを試すのもいいでしょう。

 

その他には、
ママのあげるスピードが速い
こんなケースもあります。

「食べてほしい」という気持ちが先走って、
ついサッとスプーンを差し出しちゃったりしますが、
これだと子供は結構恐いです。

そこで、
「子供が食べに来るまで口の前で待つ」
この位のスタンスに変えてみましょう。

 

こんな風に、離乳食自体ではなく、
「食べさせ方自体」を見直すことで食べるようになることもありますよ。

 

⑦食べる環境をかえる

「支援センターでみんなと一緒だったら食べた」
こんな話もよく聞きます。

 

「お家でママと二人きり」って煮詰まりますよね。
離乳食で苦戦してるようならなおさらです。

そこで、リフレッシュもかねて、
離乳食を外で食べさせてみましょう。

・公園
・子育て支援センター
・ショッピングモール
こんな所がいいでしょう。

環境をかえるだけで、いきなり食べるケースもあるので、試してみる価値アリですよ。

 

※支援センター未経験の人はこちら

【子育て支援センターはいつから?】コミュ障な私でもママ友ができた話

 

まとめ

①離乳食ビュッフェを開催
②思い切って卒乳
③甘いものでせめる
④ベビーフードをまぜる
⑤固さ・温度・大きさをかえる
⑥スプーンをかえる(歯固め・スピード)
⑦食べる環境をかえる

こういった工夫をお伝えしました。

 

「苦労して作った物を食べてくれないのがつらい」
こんな意見をよく聞きます。

離乳食はただでさえ作るのが大変なのに、
それを食べてもらえないとなると、
悲しいし、心配だし、色々とショックですよね。

 

こんな気持ちにサヨナラするためにも、
今日お伝えした方法を試してみてください。

あなたのお子さんにうまくフィットすれば、
あっさり離乳食を食べるようになりますよ。

今日も子育ておつかれさまです。

こんな記事もおすすめ

離乳食に取り組む際のメンタル面に重きをおいた記事です。

【7か月の子が離乳食を食べない】解決の光がみえ楽になる3つの方法

タイトルとURLをコピーしました