【仕上げ磨き嫌がる】どんな子でもできる!4ステップと3つのアイデア

発達・成長
仕上げ磨きを嫌がる子供に困っていませんか?
 
仕上げ磨きをしようとすると、
・歯ブラシをかむ
・口を絶対に開けない
・暴れて逃げる
 
「ちゃんと磨けてないから虫歯が心配」
あなたもこんな不安がありませんか?
 
子供の仕上げ磨きって大変ですよね。
あまりに泣け叫ぶもんだから、
「いい加減にしなさい!」とキレちゃうことだってありますよね。
 
しかも、毎日の事だからイライラも半端ない。
 
でも、いい加減にみがいたツケは「虫歯」になってかえってきます。
 
仕上げ磨きですら手こずってるんだから、歯医者なんて、そりゃもう悲惨ですよ。
 
だからこそ、
・細かくステップをふんで出来るようにする
・子供が嫌がらない工夫をする
こういったことが必要。
 
逆に言うと、ここさえ押さえれば、
「今までの苦労はなんだったの?」というくらい仕上げ磨きが簡単にできるようになりますよ。
 
 
あわせて読みたい
 
 

 

スポンサーリンク

仕上げ磨きの正しい4ステップ

 

あなたは、
「歯ブラシを全部口にいれてみがく」
こんなやり方をしていませんか?

歯ブラシを奥までいれるのは最終段階。
最初から奥までいれていては失敗するのは当然です。

一歩一歩ステップをふんでいく必要があります。

 

①まずは上の前歯をこするだけ

 
最初は、
「口に歯ブラシをいれる」
これだけでOK
 
仕上げ磨きの雰囲気が体験できればいいんです。
 
なので、
『「シャカシャカ」とママが言いながら、上の前歯の表面を軽く2、3回こする』
 
これで十分。
 
 
ほんの数秒だけですが、
「仕上げ磨きを受け入れられた」子供をほめてあげましょう。
 
「すごい!歯みがきがんばれたねっ!」
とおおげさにほめ、子供を満足させましょう。
 
それが次の日の仕上げ磨きにつながります。

 

②上下の前歯へ

 
ここからやっと「仕上げ磨き」っぽくなってきます。
 
上の前歯磨きに慣れてきたら、次は下も含めて「上下の前歯」をみがきましょう。
 
まずは外側からでOK。慣れたら裏側までやりましょう。
 
 
「笑顔で安心させながら、ゆっくり磨く」
これがポイント。
 
ここでもまだ「歯をちゃんと磨く」というよりは、「仕上げ磨きに慣れる」ことが目的。
 
なので、「イヤ!」となるのが一番避けたいところ。
「子供に楽しんでもらう」ことが大事です。
 
 
そのためにも、子供とのスキンシップを大切にしましょう。
 
・ほっぺをなでる
・頭をなでる
・できたらギュッとしてあげる
 
こういった事をして子供を安心させ、少しでも「仕上げ磨きのイヤなイメージ」を消してあげましょう。
 
「磨いてる時間よりもスキンシップの時間の方が長い」
こんな感じでOK。
 
ささっとやってすぐにスキンシップをとりましょう。
 
 
ちなみに、この段階では「歯茎はこすらず歯の部分だけ」にしましょう。
 
「歯茎との境目」も気になるところではありますが、歯茎はどうしても痛い思いをさせがちなので、仕上げ磨きに慣れてない段階では後回しにしましょう。

 

③犬歯まで、徐々に奥へ

 
前歯が磨けるようになったら、犬歯までみがいてみましょう。
 
「子供に痛い思いイヤな思いをさせない」ということを絶えず意識しましょう。
 
マイナスイメージができてしまうと、仕上げ磨きがとん挫してしまうので、そこには細心の注意を払って下さい。
 
 
犬歯まで出来るようになったら、徐々に奥へといってください。
焦りは禁物。
 
・歯の表面から
・唇は強くめくらない
・ささっとやる
 
こういった所を意識して、子供にイヤな思いをさせないようにしましょう。
 
 
ちなみに、「歯と歯のかみ合わせ部分は表面ができてから」にしましょう。
表面に比べるとどうしても子供が警戒するので、慣れてからの方が無難です。
 

④最後に奥歯へ

 
ここまでクリアしてやっと奥歯です。
 
それでもまずは表面から始めましょう
歯と歯のかみあわせ部分は最後の最後です。
 
奥歯は、ゆっくりやるとかまれるので、
・ささっとやる
・口を大きく空けた時にやる
・終わったらすぐに歯ブラシを引き上げる
こういった所がポイント。
 
 
子供をリラックスさせて「アーんして」と言うと、従ってくれやすいです。
 
また、口を大きく開けられたら、
「大きいっ!すごいねー!」とほめるとのってくれやすいです。
 

うがいはそれから

 
歯ブラシとうがいをセットで教えるママは多いです。
 
ですが、あなたが仕上げ磨きに苦戦しているようなら、
「まずは仕上げ磨きのみできるようにする」
こういったスタンスがいいでしょう。
 
 
いきなり「うがい」までセットにするのは、子供のキャパオーバー。
うがいは、仕上げ磨きがなんなくできるようになってからにしましょう。
 

仕上げ磨きの3つのアイデア

①何の歌?クイズ

 

「仕上げ磨きをもっと楽しく!」
これが成功のポイント。

そこで、「何の歌?クイズ」がおすすめ。

仕上げ磨きの時に、子供とイントロクイズをしましょう。

・子供が「あ」だけで歌う
・ママが何の歌か当てる

こんなシンプルな遊び。
特別な道具も必要なく今夜からできます。

 

・わざと答えを間違えてみる
・「ヒントちょうだい!」とやりとりする
・「今度はママの番ね」と交互に歌う

こんな風にふくらませれば、
「仕上げ磨きの時間を十分に稼ぐ」ことだってできます。

 

ちなみに、子供に「イ」で歌わせれば、奥歯を磨きやすくて助かりますよ。

 
 

②歯医者さんごっこ

 
「は~い、お口の検査をしますよー」
と歯医者さんごっこで子供を楽しませるのもおすすめ。
 
・子供をタオルで目隠しする
・懐中電灯で照らす
・診察券も用意する
 
こんな工夫をすれば、
「本物の歯医者さんみたい!」と子供もノリノリで取り組んでくれます。
 
「ごっこ遊びの中で仕上げ磨きをしてしまう」のが成功のポイントです。
 

③ヘアバンド作戦

 
「寝っ転がっている子供を楽しませる」
そのために、
「ヘアバンドをしてそこからおもちゃをぶらさげる」
こんな事をしてみましょう。
 
仕上げ磨きを子供が嫌がるのは、「痛い」というだけでなく、「たいくつでつまんない」というのもあります。
 
そこで、「子どもを退屈させない工夫」として、この方法がおすすめ。
 
 
ヘアバンドから子どもが好きなキャラクターをぶらさげて、
 
「ほら、アンパンマンがぶらーんだよ」
「アンパンマン見ててー、今から上手に仕上げ磨きするからー」
「上手にできたねー。アンパンマンもすごいって言ってるよー」
 
こんなやりとりをすれば、子供は飽きずに仕上げ磨きにつきあってくれるようになりますよ。
 

まとめ

仕上げ磨きの正しい4ステップ
①上の前歯をこするだけから
②上下の前歯へ
③犬歯まで、徐々に奥へ
④最後に奥歯まで
・うがいはそれから
 
仕上げ磨きの3つのアイデア
①何の歌?クイズ
②歯医者さんごっこ
③ヘアバンド作戦
こういったことをお伝えしました。
 
今日一番お伝えしたいことは、
「いきなり奥まで磨こうとしない」ということ。
 
これをやってしまうと、
・いきなり歯ブラシがはいってきて恐い
・歯茎が痛くてイヤ
・奥まで入れられて気持ち悪い
こういった不快感から仕上げ磨きに抵抗するようになります。
 
なので、「スモールステップと子供を楽しませるアイデア」を使って、上手に誘導しましょう。
 
そうすれば、もう仕上げ磨きで苦労することもなくなりますよ。
 

こんな記事もおすすめ

子供の「歯みがきイヤ!」をメンタル面から変えるアプローチの記事です。
 
 
仕上げ磨きとならぶ身の回りの悩みごとの一つ「鼻をかむ」に関する記事です。
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました